猫又、化け猫、福猫、猫のフォークロア


by nekomanisto

カテゴリ:猫vs狸( 1 )

e0023828_13112459.jpgハクビシン
e0023828_13113869.jpgマヌルネコ
e0023828_1312171.jpgユキヒョウ
e0023828_1318112.jpgアムールヤマネコ

適当な写真がなかったので掲載できませんが、他にもジャコウネコの可愛いリンサン類、これら「山野に生息する猫に似た動物全て」を中国では「」と総称していたらしい。なんちゅう大雑把な…。ここに挙げただけでなく、もっといろんな獣も十把ひとからげだった可能性もある、レッサーパンダだって、パンダだって…(さすがに大熊猫は違うかな)。
「狸」という字が日本に入ってきたとき、すでに本州にはヤマネコもジャコウネコもいなかった(ハクビシンはいますけど)日本人の祖先は、「狸」なるものがうまくイメージできなくて、結果タヌキを「狸」とよび、さらにタヌキとアナグマの名前が狸と貉とごっちゃごちゃになってしまったのかもしれない。

e0023828_13345171.jpgホンドタヌキ

e0023828_13351716.jpgニホンアナグマ
以上 photo:動物の恋人

日本で初めて猫についての記述があるのは「日本霊異記」ということになっているのだけれど、実際には、表記には狸と書かれており、ねこ とルビがふられている。当時もうすでに「唐猫」は日本に入ってきており、猫と言われれば明確にその容姿を連想できる人々がいたと思われるのだけれど、はて、この「狸」、日本で書かれた物語なので、中国の「狸」を想定していないということは判るのですが、狸か貉か野良猫か、どれだったんでしょうね。
こんなのって、ありなんだろうか…。うしろ膝カックンされたみたいだ…。

More:日本霊異記
[PR]
by nekomanisto | 2005-07-14 13:56 | 猫vs狸