猫又、化け猫、福猫、猫のフォークロア


by nekomanisto

<   2005年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

道灌を救った猫

e0023828_12232931.jpg

1477年(文明9年)のこと、現在の豊島区近辺を支配していた豊島城主豊島左エ門尉というヒトと、太田道灌(江戸城の堀を掘ったヒトですな>違)が戦をした。江古田ヶ原の合戦と呼ばれているらしい。その戦の旗色は悪く、道灌はちと負けかかっていたらしい。夕暮れになり、途方に暮れていた道灌の前に黒猫が現れて、道灌を自性院という寺に案内し、そこで無事に夜を過ごすことができたので、道灌はその戦に勝利することができたのだという。猫のおかげだと感謝した道灌は、その猫を大切に終生飼い、猫の死後手厚く葬り、自性院へ猫の地蔵像を奉納したのだという。
この黒猫は名無しなのだけれど,一説には「タマ」といったという説もある。
それで、新宿西口の住友ビルの入り口に、(そこが道灌の居城のあったところらしい)黒猫のタマちゃんの像がある。皆さんに撫でられ、可愛がられてぴっかぴかです。
自性院へは、肝心の猫地蔵のご開帳が年に一度なので、(秘仏なのですね)まだ行っていない。
今回は、ボクは潜伏中だし、化け猫スポットというわけでもないので助手を使いにやりました。
[PR]
by nekomanisto | 2005-09-29 12:23 | 付箋